JALの社長が変わります!稲盛和夫会長は名誉会長で、植木義晴専務執行役員が社長に!

経営再建中のJAL(日本航空)は、新社長に植木義晴専務執行役員を昇格させる人事を固めたそうです。

大西賢社長は会長に、稲盛和夫会長は名誉会長となる見通しです。

17日にも取締役会を開いて正式に決める方向だそうです。

2010年に会社更生法の適用を申請して経営破綻したJALは2年間、再生を主導した稲盛―大西体制に区切りをつけ、今年秋の株式の再上場で名実ともに経営再建を果たす考えだそうです。

植木氏はパイロット出身で、稲盛会長による新体制がスタートした10年2月に執行役員に抜てきされました。

特に大きな動きもなく順調に新体制スタートのはずが、デルタ航空のアメリカン航空買収問題が!

きっと大変ですよ。新社長がんばってくださいね。


 カテゴリ
 タグ
None