旅行どころではないですね!

毎日普通の生活を送れるだけでも十分です。

被災された方には心より見舞い申し上げます。

とにかくニュースを見ていて悲しいです。

海江田経済産業相では、電力供給不足への対応について、「14日以降、東京電力及び東北電力の管内で、供給が不足する非常事態に直面する可能性が高い。大規模停電回避のため、需要抑制に頼るしかない。予見性のある形で地域ごとの計画停電を行う可能性がある」と述べました。

輪番停電は、全体の電力供給量を抑えるため、地域ごとに一定時間、電力供給を止める措置です。

一度に500万キロ・ワット、一般家庭で約150万世帯分ほどの地域を対象に、約3時間ずつ、地域を変えて停電させる方向で検討しているそうです。

この時期は、特に気温が低くなる夕方に暖房向けの電力需要が増えるため、この時間帯を中心に輪番停電が行われる可能性が高いそうです。

東電は、地震で停止している一部火力発電所が再稼働するまで、少なくとも1週間程度、輪番停電を行う必要があるとみているそうです。

14日からは、企業活動が再開され、電力需要が高まるため、大口需要家である大企業の工場などにも、節電や供給停止を求めているそうです。


 
 カテゴリ
 タグ
None