政府は、感染状況をモニタリングするために、無料のPCR検査・抗原定量検査を行っています。


無料のPCR検査・抗原定量検査を行い感染状況をモニタリング、そのデータを分析して早期に感染源を探知、早期の対応につなげることが目的です。

搭乗前のPCR検査が無料、羽田~北海道・沖縄・広島・福岡・鹿児島線の搭乗者に感染状況をモニタリング検査を実施!

羽田空港などから北海道や沖縄などへ向かう便の利用者向けての実施で、8月30日搭乗分からは羽田などへ向かう逆区間の便も対象となります。

空港内に、ブース(検査センター)があるのは羽田(第1T・第2T)・伊丹・福岡空港のみとなります。

空港内ブースがあるのは羽田(第1T・第2T)・伊丹・福岡空港のみで、空港ではない店舗があるのは札幌、都内5か所(秋葉原・渋谷・池袋・新宿・新橋)、大宮、那覇等です。

予約サイトより空港でのクイック検査(抗原定量検査)を予約
搭乗当日までにアンケートに回答し、回答完了画面を写真やスクリーンショット等で保存
搭乗当日、空港検査ブースにて搭乗券・アンケート回答完了画面等を提示し、検査を実施
30分程度で搭乗前に検査結果を受領

また、検査キットを配送してもらっての検査にも対応しています。

対象路線
羽田、成田、中部、伊丹、関西、福岡空港と北海道・沖縄県内の空港及び広島・福岡・鹿児島空港との間を結ぶ便
※広島県、福岡県、鹿児島県内の空港のうち、上記3空港以外に行き来する路線は対象ではありません。

対象者
対象路線の搭乗者のうち希望される方

実施期間
7月20日~9月30日搭乗分
※中部空港から出発する便、福岡空港へ到着する便は8月2日搭乗便から追加
※広島・鹿児島空港へ到着する便は8月12日搭乗便から追加
※北海道・沖縄県内の空港及び広島・福岡・鹿児島空港から羽田、成田、中部、伊丹、関西、福岡空港に向かう便は8月30日搭乗便から追加

実家に帰るなどの場合、もし自分が感染していたらなどと考えると行きたくてもいけない状況ですが、搭乗前に無料でPCR検査が受けられるのなら安心ですね。

羽田空港等と北海道・沖縄県内の空港等との間を結ぶ便の搭乗者を対象としたモニタリング検査|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室