ANAは、エアバスA380型機「FLYING HONU」による国内ツアーを初めて実施します。


超大型機エアバスA380型機「FLYING HONU」は総2階建てなので、それに対応している空港の問題があるからです。

羽田空港の国際線ターミナルは、A380のアッパーデッキ(2階)用PBB(搭乗橋)が設置済みなのですが、さまざまな制約があり、事実上就航できない状態とのことです。

今回のチャーターフライトツアーは、2階用搭乗橋が設置されていな空港への発着なのですが、それ自体もツアーのイベントとして開催されます。

2階用搭乗橋が無いので、バスで飛行機の足元へ移動して、搭乗はタラップ車利用での搭乗です。

タラップ車利用となるので、エアバスA380型機「FLYING HONU」の大きさを地上から見上げることが出来ます。

この方が、「FLYING HONU」の大きさを実感できるとのことです。

私も、過去に仕事で当時のJASのレインボーセブンを近くから見上げる機会がありましたが、その方は機材の大きさを実感できました。

それなので、過去何度か開催されている成田空港発着の周遊フライトより魅力的なのですが、その価格には驚き!

札幌2泊3日のツアー(2021年9月18日出発)2泊3日は、ファーストクラス利用(1名1室利用)348,000円~エコノミークラス通路側(2名1室利用)79,800円。

札幌2泊3日のツアーは2021年9月18日(土)出発の2泊3日。

沖縄2泊3日のツアー(2021年9月24日出発)2泊3日は、ファーストクラス利用(1名1室利用)323,000円~エコノミークラス通路側(2名1室利用)79,800円。

沖縄日2泊3日のツアーは2021年9月24日(金)出発の2泊3日。

2泊3日の国内ツアー、座席クラスで何でこのような価格差なのかと思ったら、座席以上に宿泊するホテルに違いがありました。

ファーストクラス利用の札幌は「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」ジュニアスイートツイン湖側、「星野リゾート リゾナーレトマム」スイート、「札幌プリンスホテル」ロイヤルフロア ロイヤルスイートルーム。

ファーストクラス利用の沖縄は「ハレクラニ沖縄」プレミアオーシャンビュールーム、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」デラックスルーム、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」クラブインターコンチネンタルルーム(オーシャンサイド)です。

「ハレクラニ沖縄」のプレミアオーシャンビュールームや、「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」ジュニアスイートツイン湖側への宿泊なら高額になりますよね。

今回のチャーターフライトツアーは、いずれも抽選販売で、申込2021年8月10日まで、当選通知は8月17日~18日までとなっています。

このレベルのホテル宿泊なら、抽選販売でも申し込みたいと思う方は多いのではと思います。

ANA国内チャーターイベント特集

 カテゴリ
 タグ
ANA