ANAは、新型コロナウイルスの感染拡大を予防する取り組みと、お客様へのお願いを発表しました。


染拡大を予防する取り組みは、空港係員がマスクとフェイスシールドを着用、客室乗務員はマスクと手袋を着用して業務にあたっています。

ANAは搭乗客のマスク着用義務化、お客様へのお願いを発表!

チェックインカウンターにはビニールカーテンを設置し、チェックイン機や貸し出し用車いすなど備品の消毒・除菌の実施に加え、空港入り口や保安検査場などに手指用の消毒・除菌用品を設置しています。

羽田、成田、伊丹、関西、セントレア、福岡の6空港では現在、保安検査場入口で検温を実施。

国際線機内では毎便、機内消毒を行い、国内線では毎日夜間に機内消毒を実施しています。

搭乗されるお客様には、空港や機内でのマスクの着用を義務化。

幼児など着用が難しい方を除き、マスクを着用していない方、発熱など体調がすぐれない方は、搭乗できない場合があります。

さらにソーシャルディスタンスを確保するため、一部座席を指定不可とし、スキップサービスや自動チェックイン機、自動手荷物預け機を活用し、手指用の消毒液などで消毒や除菌することをが必要です。

夏本番となると、暑い中でのマスク着用は辛いですよね。

そう思っていたら、ユニクロが、夏でも蒸れないマスクを販売するとのニュース!

暖かい肌着のヒートテックは、持っていない人はいないくらい一般化しています。

ANAへの搭乗でマスク着用が必要になった今、気になるのはユニクロの夏用マスクです。


ANA便をより安心してご利用いただくために


ユニクロ、夏でも蒸れないマスク販売へ 販売競争が激化

 カテゴリ
 タグ
ANA