新型コロナウイルス問題で、軽症者は自宅やホテルでの待機と言われています。


自宅だと、家族が感染してしまう恐れがあり、重症になった時に治療が間に合わなくなる危険も・

ホテルでの待機は、これを受け入れてくれる様なホテルはありません。

そんな中、アパホテルの元谷芙美子社長が、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に生出演。

アパホテルの元谷芙美子社長が、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に生出演。

政府から新型コロナウイルスの軽症の感染者を受け入れる打診を受け、全面的に受け入れることに関して言及しました。

元谷社長は「日本最大のホテルチェーンとしてお力になりたい、お役に立ちたいという一心でございます」と説明。

一棟貸しが前提で東京で3000室、大阪は1500室、名古屋350室、合計で5000室未満を提供できる準備があるとの事。

従業員からの賛同も得たとの事です。

ホテルの一棟貸しで、ホテルの従業員が対応するのではなく医療関係者が患者に対応するようで、アパホテルが大型入院施設になる感じのようです。

個人的に、アパホテルはお気に入り。

部屋は超狭いのですが、ビジネスホテルなので寝られるだけで十分。

部屋は狭くても綺麗で快適、大浴場があったので問題ありません。

無駄をなくして、快適なまま価格を下げたと言った感じ。

その後、ビジネスホテルなのに大浴場が完備されているホテルが増えました。

ドーミーインPREMIUMなんばANNEXなどは、男女別天然温泉大浴場が完備されている快適でした。

これらのホテルは、東京オリンピック需要で新規ホテルを開業するなど絶好調ののはずが今回の問題で悲惨な状況。

アパホテルも今年はホテルの開業ラッシュ。

3月27日にアパホテル人形町駅東を開業、

3月26日にアパホテルつくば万博記念公園駅前開業、

3月17日にアパホテル千葉駅前を開業、

2月20日にアパホテル神戸三宮駅前を開業、

2月7日にアパホテル博多東比恵駅前を開業。

元谷芙美子社長は、「私の誇りとして、誰一人として社長の判断に反対する者がなくて、この国難にあたり一致団結して乗り切りたいと…。今は大変ですけど、収まった先には10年後、アパホテルがいい役割をしてくださったという評価がいただけると思って、頑張ります」。とのコメントです。

ニュースリリース
新型コロナウイルス無症状者及び軽症者の受け入れについて

 タグ