航空会社の新型コロナウイルス対応同様、ヒルトンも「ヒルトン・オナーズ」会員への対応を発表しました。


会員資格やポイントの有効期限などの特別な取り扱いを実施するとの発表です。

2020年3月31日に会員資格がダウングレードされる予定の全ての方に対し、2021年3月31日まで会員資格が延長されます。

2020年の会員資格は、2022年3月31日まで延長されます。

3月25日~12月31日までに失効する予定の全てのポイントは、有効期限が保留となります。

ヒルトンは、「ヒルトン・オナーズ」会員資格の1年延長や、ポイント有効期限の保留を発表!

6月30日までにチェックインする既存予約や同日までに予約した新規予約は、キャンセル不可の予約であっても到着予定時刻の24時間前までであれば、無料で変更やキャンセルが可能です。

政府による渡航制限の影響を受ける地域では、引き続き無料での予約変更やキャンセルが出来ます。

この様な状況なのに、ヒルトンでは日本語のリリースはありません。

この様な状況で、日本語のリリースが無いのはいかに日本人をバカにしているかが表れていると思います。

私は、ヒルトンのタイムシェアを購入してしまった、ヒルトンの被害者。

HGVCからの連絡は、有効期限を最低60日間延長。

2020年のクラブポイントは、対応が決まりましたら速やかにお知らせしますので、いましばらくお待ちくださいとの事。

タイムシェアを買った日本人は、騙されただけと言った感じで、まともな対応もありません。

新型コロナウイルスの影響で、2020年の年次オーナー会議は、追って通知があるまで延期との通知。

日本人でオーナー会議に参加するような方はいないと思います。

この対応を見ても、ヒルトンのタイムシェアは詐欺商法だと思いました。

 カテゴリ
 タグ