ANAホールディングスと三越伊勢丹は、三越コンテンポラリーギャラリーにて開催される日比野克彦展「Xデパートメント2020」を、アバターで鑑賞できるサービスの提供を始めました。


日比野克彦展「Xデパートメント2020」は、3月18日(水)に日本橋三越本店に新たにオープンした現代アートの専門ギャラリー。

これを、インターネットを通じて日本中のどこからでもANAアバタ―を操作し、実際にいるような感覚で日比野克彦展を鑑賞することができます。

ANAは、アバターで日比野克彦展「Xデパートメント2020」が鑑賞できるサービスを提供!

期間限定の提供で、2020年3月23日(月)~3月29日(日)まで。

ANAホールディングスのアバターサービスを提供するためのプラットフォーム「avatar-in(アバターイン)」は、アバターを通じて博物館や美術館、水族館などを遠隔から鑑賞するプロジェクトで、今回が2例目です。

1例目は、今年の2月に日本橋三井ホールで開催された、花の体感型アート展「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-」です。

新型コロナウイルス問題があり、イベント会場に行くことを避けたい時期に、このようなサービスが提供されるのは嬉しいことですね。

アバターでアート鑑賞体験
「avatar-in museum」を日本橋三越本店に期間限定オープン!


 カテゴリ
 タグ
ANA