シンガポールのLCC(格安航空会社)スクートは、日本発着路線が対象の「旅旅をして、輝こう」セールを開催しています。


スクート(Scoot)は、JTBの格安ツーアーの申し込みを検討された方ならご存知かと思います。

JTBの台北行き格安ツーアーは、基本料金(最低料金)は、スクート(Scoot)の深夜早朝便です。

これをオプションで、他の航空会社の便に変更すると、格安ツーアーではなくなってしまいます。

私がJTBの台北行き格安ツーアーを利用した時は、深夜早朝便を避けたく、かといってANAやJALに変更するには高額だしと、チャイナエアラインに変更。

ホテルもお任せでは不安なので変更したら、通常のツアーと同じ価格になってしまました。

通常のツアーなら、特典などもあったので、格安ツーアーを利用したのに損した気分でした。

このスクート(Scoot)が、日本発着路線が対象の「旅旅をして、輝こう」セールを開催しています。

スクートは日本発着路線が対象のセールを開催、台北・高雄線が片道9,500円~!

セール期間は、2019年11月09日23:59まで。

旅行期間は、2021年03月27日までとなっています。

気になる運賃は、東京(成田)~台北(桃園)線が、片道9,500円~。

東京(成田)~バンコク(ドンムアン)線は、片道12,000円~。

東京(成田)~シンガポール線は、片道15,500円~。

札幌(新千歳)~台北(桃園)線は、片道10,500円~。

札幌(新千歳)~シンガポール線は、片道16,900円~。

大阪(関西)~高雄線は、片道9,500円~。

大阪(関西)~シンガポール線は、片道11,000円~。

大阪(関西)~パースへ18,900円~。、

大阪(関西)~ゴールドコースト線は、片道19,400円~。

大阪(関西)~メルボルン線は、片道20,400円~。

大阪(関西)~シドニー線は、片道21,400円~。

大阪(関西)~アテネ線は、片道24,900円~。

大阪(関西)~ベルリン線は、片道25,300円~。

スクート Plus 運賃の設定もあります。

燃油サーチャージは不要で、空港諸税などが含まれた運賃です。

また、2020年5月5日~2021年3月27日搭乗分の一部のに、Fly、FlyBag、FlyBagEat航空券が15%オフになるプロモーションコード「ESCAPE15」も配布されています。

Scoot 旅旅をして、輝こう

 カテゴリ
 タグ