ANAは、「乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクトの第1弾として「時差ボケ調整アプリ」の提供を発表しました。


時差ボケに効果があるサプリかと思ったら、「時差ボケ調整アプリ」です。

この「時差ボケ調整アプリ」は、睡眠テクノロジーを扱うベンチャー企業ニューロスペースとの共同で開発。

ANAは、時差ボケ調整アプリを発表、「乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクト第一弾!

フライト情報や現地での予定を基に、時差ボケを調整するために必要な光の浴び方や食事のとり方、睡眠や仮眠のとり方、体の動かし方など、体に良いことや避けた方がよいことなどの情報が、出国前や機内など渡航中、帰国後の各タイミングで提供されます。

実証実験として、ANAHDとその関連企業、海外渡航を伴う業務がある一般の企業などが海外渡航時にアプリを利用し、効果や使い勝手を検証していましたが、今回利用対象者を社外に拡大した拡大してのトライアルとなっています。

今後もアプリの開発や実証実験を進め、2020年4月のサービス開始を目指しています。

ユーザーに提供される助言や推奨が実践しやすくなるよう、ANAのラウンジや機内サービスとの連携、出発前・渡航先・帰国後における提携先とのサービス連携など、アプリ内に留まらないサービスの提供も検討しているとの事。

これを見て思ったのは、今後の生活はスマホありき。

スマホが無いと生きていけない世の中になりそうですね。

「乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクト始動!~第一弾は、「時差ボケ調整アプリ」のご提供~

 カテゴリ
 タグ
ANA