チャイナエアラインは、台湾旅行が往復2万円~のお盆特別企画「台湾往復2万円キャンペーン」を開催しています。


東京(羽田・成田)・静岡・富山・名古屋(中部)・福岡・熊本・宮崎・鹿児島~台湾線が対象。

お盆特別企画なので、販売期間は20219年8月15日まで。

搭乗期間は、2019年9月2日~2020年4月23日まで(土・日曜の利用は対象外)となっています。

チャイナエアラインは、お盆特別企画「台湾往復2万円キャンペーン」を開催、9月からの台湾線が対象!

お盆休みの国内旅行は最高値となるのですが、台湾旅行は最安値。

その理由は、8月の台湾旅は猛烈に暑いからです。

猛烈に暑いと言っても東京と同じ感じなので、東京から台湾へ行かれる方なら気にならないかと思います。

今回のセールは、9月2日~の搭乗が対象なので、8月をさけた遅めの夏休みに最適。

2017年の8月15日出発のチャイナエアライン便を利用して台北に行ったのですが、この猛暑がすぎた秋に来れればと思いました。

働き方改革で、8月をさけた遅めの夏休みも可能かと思われるので、遅めの夏休みに最適かと思います。

JTBの格安ツアーで台北に行った感想だと、格安ツアーは割高。

格安ツアーを利用するなら、オプションを利用しない事。

私はオプションで、成田空港から羽田へ変更、ホテルのランクも上げたら、格安ツアーではなく通常のツアーの方がお得な状況になってしまいました。

通常のツアーの方が特典が多いいので。

それで思ったのは、台北に行くならツアーは損だという事。

航空券はこの様なセールで(LCCならさらにお得)購入し、ホテルはネット予約!

ツアーは1名単位。

ネットのホテル予約は(海外の場合)一室単位なので、家族旅行ならJTBなどの格安ツアーより安くなります。

これは、JTBの格安ツアー台北2万円代が、オプション利用で、1人7万円代になってしまった失敗から思う事。

家族で台北に行くのなら、ツアーではなく格安な航空券を購入しての個人旅行がおススメです!

【お盆特別企画】 台湾往復2万円キャンペーン