ENEOSは、提携クレジットカード利用の変更を発表しました。


2019年7月から、ガソリンスタンド(サービスステーション)での特別提携クレジットカードの特典が大幅に変更されます。

楽天カード・dカードはポイント2倍が最大1.5倍に改悪。

ENEOSは、クレジットカードでの利用特典の大幅削減を発表、ガソリンを入れるときは要注意!

エディオンカード、みずほマイレージクラブカード(クレディセゾン発行)、東急カード、Diaカード、JR東海エクスプレスカード、e-kenet VISAカード、マツダM’s PLUSカード、首都高カード(セディナ発行)、ダイワプライマリーカード、JCB ORIGINAL SERIES(キャンペーン参加者対象)は、ガソリンスタンドでの利用特典が終了する。また、楽天カード・dカードについては、SS利用特典を変更する。

7月から、ENEOSのガソリンスタンドで特典を受けられる特別提携クレジットカードは、楽天カード・dカードに加え、TS CUBIC CARD、JALカード、ANAカード、ビューカード、レクサスカード。セブンカード・セブンカードプラスは、7月からSS利用特典が終了となります。

JALカードは、2019年7月からもマイル2倍なので変更なし。

ANAカードは、マイル追加との表記なので詳細はわかりませんが、JALが変更なしなので同様かと思われます。

この様な事があるので、ENEOSを利用されている方は要注意。

クレジットカードの利用特典が継続されているカードのご確認を!

特別提携クレジットカードの特典変更について(PDF:3.53MB)

 タグ