キャセイパシフィック航空は、300万円越えのファーストクラス航空券を誤って9万円で販売し、ネットで話題になっていました。


ダナン~ニューヨーク線の往復航空券は、約3,445,000円(燃油サーチャージ、諸税込み)です。

そのファーストクラス航空券が、誤って499ドルで販売されていたとの事。

燃油サーチャージや諸税を含め約90,000円との事です。

キャセイパシフィック航空のウェブサイトだけではなく、日本の旅行会社を含む全世界のオンライン旅行代理店のウェブサイトで購入できる状態になっていたそうです。

インターで騒ぎになり、数時間後には販売が停止されましたが、多くの方が購入していたとの事。

過去に、ジェイコム株大量誤発注事件がありましたが、その時と同様にその価格にきずき購入する方がいたのには驚き、私の場合はファーストクラス航空券が9万円で販売されていても気づかなかったと思います。

これで注目されていたのが、この航空券の扱いです。

誤った価格で販売された航空券なので、この航空券をキャセイパシフィック航空が認めるかどうか。

そして、これがキャセイパシフィック航空の回答です。

ハッピー2019すべて、そして私たちの良い-新年の日に非常に良い驚き「特別な」を買った人に、はい-私たちは間違いを犯したが、我々はあなたのチケットが発行されたボード上であなたを歓迎することを楽しみにしています。これがあなたの2019を「特別」にしてくれることを願っています。



キャセイパシフィック航空は、誤って販売した往復航空券の利用を認める投稿をTwitterに!

ネットの情報だと、割引率は約97.3%!

この航空券を購入された方は、超ラッキーなのですが、ファーストクラス航空券の価格をチェックしているような方たち。

これを見て思うのは、ファーストクラスは、庶民には縁が無いという事ですね。

Happy 2019 all, and to those who bought our good!