ANAは、ホノルル線に導入されるエアバスA380型機「FLYING HONU」の就航に向けて、会員向けサービスの拡充を発表しました。


ANAが、東京(成田)~ホノルル線に導入するのは、総2階建て世界最大の旅客機エアバスA380型機です。

経営破たんした、スカイマークが発注していた機材で、2019年春に3機の導入が発表されています。

機体デザインコンテストで選ばれた、ウミガメ親子のデザインで、「FLYING HONU(フライングホヌ)」の愛称(空飛ぶウミガメ)となりました。

ANAは、このエアバスA380型機「FLYING HONU」の就航に向けて ANAマイレージクラブ会員向けサービス拡充を発表しました。

ANAは、ホノルル線のマイレージサービス拡充を発表!

A380型機「FLYING HONU」は、現在ホノルル線に運航している機材と比べ、エコノミークラスでは2倍(383席)、プレミアムエコノミーなどは5倍以上(73席)と座席数が大幅に増えるます。

この事があり、特典航空券に提供される座席数が大幅に拡大されます。

また、エコノミークラスだけではなく、プレミアムエコノミークラスも特典航空券の対象になります。

それ以外にも、AMCハワイサイト「ANA HAWAii for AMC」がオープンしており、特典航空券やハワイのお得な情報や、滞在中のマイルを活用したさまざまなメニューの予約や決済などが可能になります。

離島チャーターフライトや空港~ホテル間の移動、「Tギャラリアハワイby DFS」および「ABC STORES HAWAII」のショッピング商品券への交換などマイルを活用したさまざまなメニューが新たに追加されます。

ANAがハワイ路線に力を入れているのは分かりますが、関空発着のLCC(格安航空会社)がホノルル線の就航するなど、ハワイ路線は激戦区になっています。

この様なことがあるので、ANAもマイレージサービス拡充を発表したのだと思います。

このA380型機「FLYING HONU」が、連日満席になれば問題ないのでしょうが?

それより期待するのは、このA380型機「FLYING HONU」の座席が埋まらなくなり、さらなるお得なキャンペーンが開催されることですね。

ホノルル線のAMC会員サービスがさらに充実

 カテゴリ
 タグ
ANA