私の周りにもマイルを貯めている人って多いんですよ。

どこのエアーをためてるの???

そんな話が出たとき、あまり良く知らない?なんて返事をすると、もったいない~!!

でANAがJALが・・・なんて言われてしまいました。

話を聞いてみると同じ社内の人同士の出張でも集めているマイルの会社が違うとかで現地集合、そこまでするかみたいなことが日常的に行われているとのことです。

早速私も調べてみました。

飛行機の利用で貯めるのが基本、基本ってそれ以外に何があるのかって感じですが。

その基本すら分っていないのでそこから調べていきます。

始めにしなくてはならないのが、マイルを貯めようと思う飛行機の会社(JALやANA)のマイレージの会員になることです。JALならJALマイレージバンク、ANAならANAマイレージクラブです。

そして搭乗の際にその会員カードを機械に差し込むか、会員番号を係りの人に伝えるなどの手続きを行いその区間距離に応じてマイレージが加算されます。

その手続き、忘れてしまったらどうなるのかと、初心者は思うのですが、

搭乗券の半券を
マイレージサービス提供の航空会社に送付することで事後でもマイレージが加算されます。

どんなときでも必ずもらえるの?と疑問もありますが、

搭乗時の座席クラスや適用運賃に より加算されるマイレージの増減があります。航空会社によって異なりますが、エコノミークラス普通運賃を基準として、ビジネス クラスやファーストクラスには25~200%のマイレージが追加加算されます。

ツアーや格安航空券の場合は、マイレージが加算されな かったり、加算されても50%しか加算されない場合があります。また、各社キャンペーンなどで通常より多マイレージが加算される場 合もあります。
さらに、予約時のミスでの座席オーバーなどで、代替機への変更などを行った場合、マイレージの加算による補償が行われることも あります。

こうしてみると、ツアーなどに行くときは、マイルが加算されるか確認が必要ですね。

それから最近よく聞くのが陸マイルです。

飛行機を利用しないでマイレージを貯めることで、各航空会社と提携しているホテルやレストランでの食事、レンタカーの利用、ショッピングでもマイレージは貯められます。

昔はやった言葉で陸サーファー(年がばれる)みたいですがこちらは中身がありますね。

その陸マイルの中でも一番マイルを貯められるのが各航空会社提携のクレジットカードのご利用です。

基本100円で1マイルが貯まります。

その他のクレジットカード会社も独自のポイントサービスを展開していますが、そのポイントをマイレージに移行できる会社が増 え、さらに顧客獲得やサービスの充実のために誕生日月はポイント5倍など各航空会社提携のクレジットカードよりマイルの加算率が 多くなるところもあります。

さらに、ネットでよくマイルを貯めていると話を聞きますが、

それはポイントサイトです。資料請求やアンケートへの解答、メールクリックなどでポイントが獲得できそのポ イントをマイレージに移行できるのです。

と、取り合えづこんなことを調べ書いてみました。

初心者の方もし参考になればこれから一緒にマイルをためていきましょう。

 タグ
None