スクート(Scoot)は、日本発着路線を対象に「飛んじゃえセール!」を開催しています。


このセールは、2018年10月12日23:59までの期間限定。

スクートは、台北線が片道8,800円~の「飛んじゃえセール!」を開催!

搭乗期間は、2019年3月17日までですが、路線により異なります。

スクート(Scoot)は、シンガポール航空系列のLCC(格安航空)。

2017年7月25日に、シンガポール航空が出資している短距離路線のタイガーエアと経営統合し、現在の正式社名は、スクート・タイガーエア(Scoot Tigerair)となっています。

ANA系列のLCC(格安航空)ピートとバニラエアが経営統合をは発表しているので、それと同じ感じですね。

また、スクート(Scoot)は、JTBなどの格安ツアーでもおなじみ。

昨年JTBの格安ツアーに申し込んだら、価格が安いツアーはスクート(Scoot)の深夜早朝便。

オプションで航空会社を変更したら、格安ツアーではなくなってしまった経験があります。

それなので、安く海外(特に台北)に行きたいのなら、格安ツアーよりスクートのセールがお得です。

今回開催されているセール運賃は、東京(成田)~台北(桃園)線が、片道8,800円~。

東京(成田)~バンコク(ドンムアン)線は、片道12,500円~。

東京(成田)~シンガポールは、片道14,800円~。

札幌~台北(桃園)線は、片道8,800円~。

札幌~シンガポール線は、片道15,800円~。

大阪(関西)~高雄線は、片道8,800円~。

大阪(関西)~バンコク(ドンムアン)線は、片道12,500円~。

大阪(関西)~ホノルル・シンガポール線は、片道14,500円~。

大阪(関西)~パレンバン・プカンバル・クチン・クアンタン・ランカウイ・ペナン・プーケット・クラビ線は、片道14,900円~。

大阪(関西)~ホーチミン線は、片道17,900円~。

大阪(関西)~パース線は、片道20,900円~。

大阪(関西)~アムリトサル・ハイデラバード・ゴールドコースト・ティルチラーパッリ線は、片道22,900円~。

大阪(関西)~メルボルン・シドニー線は、片道23,900円~。

大阪(関西)~アテネ・ベルリン線は、片道35,900円~。

上記価格は税込み価格で、燃油サーチャージは不要、空港諸税も含まれた価格です。

今は海外ホテルもネットで予約可能です。

ホテルも同様で、JTBの格安ツアーは不便なホテルが基本。

ホテルも変更したら、通常にツアーより割高に!

それなので、LCCのキャンペーンで航空券をゲット、ホテルはネットで予約する方が格安ツアーよりお得です。

飛んじゃえセール!

 カテゴリ
 タグ