ANAが、ホノルル線に導入予定の超大型旅客機「エアバスA380」の初号機が完成しました。


2019年春に引き渡され、東京~ハワイ(ホノルル)路線に導入される予定の、総2階建ての超大型旅客機「エアバスA380」です。

スカイマークが発注した「エアバスA380」を、経営破綻の支援とともにANAが引き受けたのが、この超大型旅客機「エアバスA380」です。

ANAに導入予定の超大型旅客機「エアバスA380」の組み立てが完了したと、エアバスが発表!

エアバスが、2018年8月30日(現地時間)に、ANAのエアバス A380型機の初号機が、最終組み立て工場からロールアウトしたことを発表しました。

今後のスケジュールは、独北部ハンブルクまで初飛行し、現地工場で座席などの客室装備や機体の塗装をして仕上げられます。

ANAは、2019年春からA380型機をハワイ・ホノルル路線に導入予定で、機体デザインの公募キャンペーンが行われ、“空飛ぶウミガメ”を意味する「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」にすることが発表されている。

機材は2階建ての全520席仕様で、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席を2階に、エコノミークラス383席を1階に配置する予定。

空飛ぶホテルと呼ばれる総2階建ての超大型旅客機「エアバスA380」が、いよいよ来年春にANAに引き渡され、東京~ホノルル線に投入されます。

エアバス、ANAのA380がロールアウト

 カテゴリ
 タグ