ANAは、いつでもファーストクラスの心地よさを身近に感じられる「ANA First Class Fabric Goods」を発売しています。


商品ラインナップは、パスポートケース、バッグinバッグ、トラベルポーチ、ペンケース、トートバッグの5商品。

ANAは、ファーストクラスシート生地で作ったオリジナル商品「ANA First Class Fabric Goods」発売!

このニュースを見て思い出したのが、以前大人気となった、しまむらの「ハリスツイード」。

ハリスツイードは、スコットランドのアウター・ヘブリディーズ諸島発祥のツイード生地で、その生地を使った商品にはハリスツイード認証ラベルが付いていました。

しまむらのハリスツイード商品は、バックならポケットだけと言った感じで部分使用でコストを下げ、ハリスツイード認証ラベルだけが目立った商品でした。

今回のANAのファーストクラスシート生地で作ったオリジナル商品も同様な感じかと思ったら、ちゃんと商品の主要部分がファーストクラスシート生地で作られた商品でした。

気になる価格は、ペンケース5,000円~トートバッグ17,000円。

これは、ANAボーイング777-300ER型機のファーストクラスシート生地のストック材を利用したANAオリジナル商品で、再利用ではなく新品です。

生地のストック材という事で思い出したのですが、お体の悪い方などの優先席がなんでシルバーシートなのか。

シルバーシートが誕生した時に優先席と分かる色のシートにする必要があり、たまたま在庫があったのが初代新幹線0系の普通車の座席に使われていた“銀色”の生地。

高齢者の意味でシルバーシートになったのではなき、在庫があり利用可能だった生地が“銀色”だったので、「シルバーシート」が誕生しました。

話は戻りますが、ファーストクラスシート生地で作ったオリジナル商品と言われても、ファーストクラスに乗ったことがある方は少ないので誰もわからないですよね。

これはあまりにマニアックな商品だと思います。

ですが、もし、オーバーブッキングなどで、ファーストクラスに乗れるようなことがあれば、その記念で買いたい商品ですね。

海外へ単身赴任していた私の弟は、一度だけオーバーブッキングで、プレミアムエコノミーからファーストクラスへの座席変更を経験したとの事です。

ANA First Class Fabric Goods特集

 カテゴリ
 タグ
ANA