ANAは、海外初の自社ラウンジ、「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」新設を発表、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港です。


ANAは、エアバスA380型機の就航に合わせ、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に、海外初の自社ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」新設発表、2019年春にオープンします。

ANAは、海外初の自社ラウンジ、「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」新設を発表

知らなかったのですが、これはANA初の海外空港の自社ラウンジです。

発表によると、他社のラウンジの倍以上を確保しているとのことで、ダニエル・K・イノウエ国際空港最大のラウンジです。

そういえば、過去にホノルルに行ったときに利用したユナイテッド航空のラウンジ(プライオリティ・パスで)がANAのラウンジだったのですね。

新設されるANAのラウンジは、ターミナル2(現行:メインターミナル)の3階のエバ・コンコースC4(現在の29番)ゲートに設けられる予定で、ラウンジからは直接、A380型機の2階席への搭乗が可能です。

ANAは、海外初の自社ラウンジ、「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」新設を発表2

ANAのエアバスA380型機ホノルル線導入は、単に超大型機を導入するだけではなく、ラウンジまで新設するのですから、これには驚き。

これを体験してしまうと、ホノルルに行くならANA以外は考えられないとなってしまうのでしょうね。

エアバスA380型機は座席数が多いいので、上級顧客だけではなく、一般庶民も利用しやすいLCC(格安航空会社)に対抗するような格安シートも作ってほしいと思います。

ダニエル・K・イノウエ国際空港最大の自社ラウンジがオープン


 カテゴリ
 タグ
ANA