ANAは、2019年春にホノルル線に就航する総2階建てエアバスA380型機「FLYING HONU」の詳細を発表しました。


3機はそれぞれウミガメをモチーフにデザインされ、ハワイの空と海、夕陽をイメージしたデザインで、青(ANAブルー)と深緑(エメラルドグリーン)、オレンジ(サンセットオレンジ)となります。

ANAは、ホノルル線に就航するエアバスA380型機「FLYING HONU」3機の機体デザイン、機内仕様を発表!

1階は全席がエコノミークラスで338席、2階はファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席の全520席が配置されます。

ファーストクラスは日本初のドアを装備した個室シート。

ファーストクラスは日本初のドアを装備した個室シート。

座席配列は「1-2-1」で、32インチのタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン、大型のテーブル、左右の読書灯と食事灯、ジャケットの収納ができるクローゼット、複数の小物入れ、PC電源、USBポートが装備されます。

ビジネスクラスは全席が通路側のフルフラットシート。

ビジネスクラスは全席が通路側のフルフラットシート。

座席配列は「1-2-1」で、18インチのタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン、大型のテーブルとサイドテーブル、PC電源、2ヶ所のUSBポートが装備されます。

プレミアムエコノミークラスは「2-3-2」配列で、15.8インチのタッチパネル式パーソナルモニター、約90度に回転し、大型テーブル、レッグレスト、フットレスト、6方向に調整できるヘッドレスト、PC電源、USBポートが装備されます。

プレミアムエコノミークラスは「2-3-2」配列

エコノミークラスは「3-4-3」配列で、13.3インチのタッチパネル式パーソナルモニター、6方向に調整できるヘッドレスト、PC電源、USBポートが装備されます。。

ノミークラス初のカウチシート「ANA COUCHii」。

注目なのは、コノミークラス初のカウチシート「ANA COUCHii」が導入されたこと。

隣接する座席のレッグレストを上げて、3-4席をベッドのように使えます。

これは子供連れの利用客を想定した設定で、専用の寝具も用意されます。

ただし、これを利用するには通常のエコノミー運賃とは別に、追加料金が必要となります。

ホノルル線は、関空から2つのLCC(格安航空会社)が就航しています。

LCC(格安航空会社)のホノルル線就航で、信じられない低価格でホノルルに行けるようになりました。

エアアジアは、公式ホームページから検索すると往復で3万円ほどで、スクートも往復で2万7600円から。

ANAのエアバスA380型機「FLYING HONU」は、とても魅力的な内容なのですが、気になるのは価格。

LCCなら3万円程度でホノルル往復が可能。

これに対し、最新鋭のA380型機とでも従来価格でエコノミークラスでの往復が10万円越えだったら魅力はないかと思います。

LCCの2倍、6万円程度で販売してほしいですね。

「ANA HAWAii」が始動します

 カテゴリ
 タグ
ANA