ANAの正式名称は全日本空輸で、ニュースなどでは「全日空」と報道されています。


JALの場合は日本航空で略称は「日航」、カタカナ読みは「ジャル」です。

ここで気になるのはANAのカタカナ読み。

一般的には「アナ」と呼ばれているかと思うのですが、それは間違えで、「エイ・エヌ・エー」と読むのか正しいそうです。

ANAは、「アナ」と呼ぶのは間違え、でも「アナ」と言ってしまいますよね。

ANAは、全日本空輸「All Nippon Airways」の頭文字を取って「ANA」。

「アナ」や「全日空」は公式には使われていないそうです。

ですが、テレビCMなどで一時期に「アナ」と言っていた時期があるようなのですが、グローバルな視点で考えると「アナ」は相応しくないとの事で、今は「エイ・エヌ・エー」となっているそうです。

これも現実で考えると、「エイ・エヌ・エー」と言っている人はいないですよね。

今度の出張は、「エイ・エヌ・エー」でなんて聞いたことがありません。

私の周りは、ほぼ100%ANAを「アナ」と呼んでいます。

ANAを今更「アナ」ではなく「エイ・エヌ・エー」と言わせるのは不可能かと思うのですが?

グローバルな視点で考えると「アナ」は相応しくないのは、なんとなくわかるのですが。

 カテゴリ
 タグ
ANA