ANAは、シンプルでわかりやすく、スムーズな搭乗を実現できる新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」の導入を発表しました。


新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」は、2017年12月19日(火)から、福岡空港に順次導入されます。

ANAは、シンプルでわかりやすい新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を導入 福岡空港からスタート!

2017年 12月 「インライン・スクリーニング・システム」導入
2018年 春予定 「Special Assistance」カウンター設置
2018年 夏予定 出発カウンターのレイアウト変更とデザインリニューアル、
自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」サービス導入
2019年 春予定 プレミアムチェックインカウンターリニューアル

「ANA Baggage Drop」は1は、日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語の4ヶ国語に対応。

手荷物を預ける前に行われていたX線検査も、預け入れ後に飛行機に搭載するまでの間に検査を行う、「インライン・スクリーニング・システム」が導入されます。

2018年春には「Special Assistanceカウンター」が設置すされ、プレミアムチェックインカウンターも2019年春にリニューアルされます。

このスケジュールを見ると、2020年のオリンピック開催までに、新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を各空港で導入しようという事のようですね。

これが導入されれば、空港に到着してから搭乗するまでの時間が短縮されます。

夏休みに台北に行ったときはJTBのツアー。

出発時間の2時間前空港へ集合。

朝9時出発便でも7時には空港に着いていなければならないので、これはきついです。

この時間が短縮されるのなら、今回ANAが発表した新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」は期待出来そうですね。

福岡空港へ新搭乗スタイル“ANA FAST TRAVEL”導入

 カテゴリ
 タグ
ANA