ヒルトンと森トラストは、沖縄・瀬底島にタイムシェア・リゾート、HGV(ヒルトン・グランド・バケーションズ)開業を発表しました。


これは、個人的には大きな出来事です。

ハワイ旅行でHGV(ヒルトン・グランド・バケーションズ)の説明会に参加して、その勢いでタイムシェア・リゾートを購入し、売るに売れない状況の日本人にとっては朗報ですね。

ヒルトンは、沖縄にタイムシェア・リゾー、HGV(ヒルトン・グランド・バケーションズ)開業を発表!

私もハワイ旅行で、思わずでタイムシェア・リゾートを購入していまし、売るに売づに困っていました。

宿泊の権利ではなく、HGV(ヒルトン・グランド・バケーションズ)は部分所有となるので、毎年多額の支払いが発生します。

ホテルを利用しなくても15万円程度の維持費が必要なのです。

これを考えたら、HGV(ヒルトン・グランド・バケーションズ)には手を出さない方がいいですね。

そう思っていたら、HGV(ヒルトン・グランド・バケーションズ)は、沖縄県の瀬底島に新たな複合宿泊施設を建設する計画を発表しました。

森トラストが開発を行い、ヒルトンが約300室のホテル「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」の運営を、ヒルトン・グランド・バケーションズが132室のタイムシェア・リゾートの所有・運営を担うものです。

タイムシェア・リゾートは21年の開業をめざすとの事なので、まだ先ですね。

これが出来れば、

ハワイにHGV(ヒルトン・グランド・バケーションズ)の物件を所有していれば、クラブ予約で利用することが可能。

ハワイまでの飛行機代を考えると、こちらの方が使いやすいですね。

瀬底島は那覇空港からは車で約1時間半。

沖縄本島北部の本部町と橋でつながっています、

HGV(ヒルトン・グランド・バケーションズ)は、売ることが出来ず、年間の維持費に支払いがきつい場合は、数百万円で購入した物件の所有権を放棄するしかありません。

今回の沖縄進出は、すごく期待します。

会員制「タイムシェア」も 沖縄・瀬底島にヒルトンの2ホテル 2020・21年に順次開業