ANAとPeachは、世界最大手の民泊仲介会社Airbnbの日本法人、Airbnb Japanとパートナップシップ契約を締結しました。


航空会社と、民泊仲介会社Airbnbとパートナーシップ締結は初めての事です。

このAirbnbは、世界中のユニークな宿泊施設を掲載・発見・予約できるコミュニティー・マーケットプレイスです。

ANAとPeachは、「民泊」でマイルやクーポンをプレゼント!

契約締結の第1弾として、ANAとPeachがAirbnbとの特設サイトを設置。

ANAは「ANA|Airbnb 暮らすように旅しよう♪」とも特設サイトで、サイトを経由してAirbnbの宿を予約し宿泊すると、宿泊代金に応じて最大200マイル(200円相当)が貯まるキャンペーンを開催しています。

また、Airbnb宿泊の新規予約で使えるAirbnbクーポン(1人3,000円、日本国内のお客様のみ)も配布されています。

Airbnbは2008年に創業し、世界191カ国65,000以上の都市で宿泊施設を提供しています。

日本人には「民泊」は?と言った感じですよね。

このニュースを見て、以前「民泊」が問題になっていた事件を思い出しました。

都心に部屋を借りて、そこの住むのではなく「民泊」として提供すると儲かるとの事。

これが賃貸契約違反で事件になっていたのです。

月10万年で部屋を借り、「民泊」に慣れている外国人に部屋を貸すことで賃貸料の3倍の利益になるとか。

ですが、マナーを守れない外国人に貸すので、問題になっていたのです。

今回のANA・PeachとAirbnbとの提携も、個人的には問題が多いのではと思います。

ANA Airbnb 暮らすように旅しよう♪キャンペーン


 カテゴリ
 タグ