ANAの機内で松山千春さんが熱唱、これは禁止行為なのですが機長の判断で実現しました。


歌手の松山千春さんが、搭乗していたANA便が、混雑により出発予定時刻を過ぎても出発できず、乗客は約1時間待たされイライラ状態。

この状態を緩和させようと、この飛行機に乗り合わせていた松山千春が、、代表曲「大空と大地の中で」を歌い、乗客を和ませていたことが判明し、ネットで話題になっています。
機内での、この様な行為は禁止されているのですが、機長の判断で実現したそうです。

ANAの機内で松山千春さんが熱唱、禁止行為なのですが機長の判断で実現!

ANAの札幌(新千歳)発、大阪(伊丹)行の便です。

北海道旅行から大阪に帰る方たち。

定時のフライトより、松山千春さんが生で歌う「大空と大地の中で」を聞けた方が記念になり、北海道旅行の思い出になったのではと思います。

「果てしない 大空と 広い大地の その中で
  いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう」

松山さんは歌い終わると、「皆さんのご旅行が、またこれからの人生が、すばらしいことをお祈りします。もう少しお待ちください。ありがとうございました」と話し、拍手喝采。

ANA広報担当者は、「松山様のご厚意に感謝申し上げたい」と話していたそうです。

乗客の反応も、遅延の文句名はくなり、「松山さんの美声と心遣いに大変感動いたしました」との事。

この状況で、この様なことが起きたら、私も大歓迎ですね。

 カテゴリ
 タグ
ANA