ANA系列のLCC(格安航空会社)バニラエアは、公式ウェブサイトから航空券を購入する際の決算手段で、携帯電話会社3社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)を通じての支払いが可能になったと発表しました。


NTTドコモの「dケータイ払いプラス」、auの「auかんたん決済」、ソフトバンクの「ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い」に対応し、通信料金支払いと合わせ、一括での支払いが可能となりました。

バニラエアは、LCC初の携帯キャリア3社の決済方法導入を発表、1,000Wallet ポイントがプレゼントされるキャンペーンも!

NTTドコモの「dケータイ払いプラス」は3月26日から対応しており、ソフトバンクが「ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い」は7月7日から。

そしてauの「auかんたん決済」には7月10日に対応し、携帯3社対応となりました。

これを記念して、auかんたん決済導入キャンペーンも始まりました。

キャンペーン期間中に、「auかんたん決済」を利用してバニラエア航空券を購入された方が対象。

抽選で1,000名様に1,000 WALLETポイントがプレゼントされます。

キャンペーン期間は、2017年7月10日(月)~ 10月31日(火)まで。

携帯料金もクレジットカードで支払っているので、あまり意味がない気もしますが、これを利用することのメリットは、携帯電話会社のポイントとクレジットカードのポイントが2重でもらえることになのでしょうね。

auかんたん決済導入キャンペーン | バニラエア Vanilla Air