ANA系列のLCC(格安航空会社)は、成田空港が拠点のバニラエアと、関空が拠点のピーチがあります。


バニラエアはANA資本の子会社で、エアアジアと共同運営に失敗し「バニラ・エア株式会社」として生まれ変わった航空会社です。

ピーチ(ピーチ・アビエーション)は、ANAホールディングスが筆頭株主で、香港の投資会社などと設立された会社。

なので、単独での上場が可能と言われていましたが、ANAはて出資比率を67%に引き上げ、連結子会社化することを発表しました。

ANAはピーチの連結子会社化を発表!ピーチとバニラが合弁で最強LCC「ピーチバニラ」誕生?

ピーチの現在の資本構成は、ANAHDが38.7%、ファーストイースタンアビエーションホールディングスが33.3%、産業革新機構が28.0%。

これが、ANAHD67.0%、ファーストイースタンアビエーションホールディングス17.9%、産業革新機構15.1%になります。

これで、ピーチはANAHDの連結子会社としてANAグループの一員。

この発表で気になるのは、バニラエアとの合弁なのですが、残念なことにバニラエアの合併などは、現在考えていないようで、お互い切磋琢磨して、グループとしての発展を目指すとの発表。

個人的にはピーチとバニラが合弁し、最強のLCC(格安航空会社)が誕生。

国内も海外も超格安が嬉しかったのですが。

Peach Aviation 株式の資本構成の変更に関するお知らせ

 カテゴリ
 タグ