2020年に開催される東京オリンピックを見込んでのことなのでしょうね。


現在1日1200回の発着がある羽田空港を、2020年までに年間約3万9000回の空港処理能力を持たせるというミッションがあるそうです。

これを実現させるために、国土交通省航空局は、羽田空港の飛行経路見直しをはじめとした機能強化について住民説明会を実施します。

3000mのA、2500mのB、3360mのC、2500mのDと、4本の滑走路を持つ羽田空港は、南風と北風で、大きく2通りの発着ルートを設定しています。

この発着ルートの見直し案です。

これは嬉しいんか悲しいのか?新しい羽田発着ルートは自宅と会社の上を飛ぶのです。

南風時の羽田到着便は、これまで房総半島上空から、東京湾岸を左旋回し東西方向のB滑走路・D滑走路へ到着するルートをとり、1時間あたり80回の着陸を可能としていました。

見直し案ではさらに都心側(北側)からアプローチし、南北方向のA滑走路・C滑走路に着かせることで1時間あたり90回の着陸を見込みます。

この見直し案ルートは、新宿や中野区、渋谷区、目黒区などの都心部や、埼玉県和光市、朝霞市、さいたま市などの上空をかすめます。

私の自宅上空4,000ft(1,200m)から会社上空1,500ft(450m)。

この距離だと騒音などの心配もありますね。

航空局は、下記のスケジュールで住民説明会を実施します。

気になる方は、住民説明会へのご参加を。

1月11日 タワーホール船堀(江戸川区船堀)
1月14日 大田区役所本庁舎(大田区蒲田)
1月18日 総合区民センター(江東区大島)
1月28日 殿町小学校(川崎市川崎区殿町)
2月11日 アトレ大井町(品川区大井)
2月15日 田道住区センター(目黒区目黒)
2月25日 フクラシア品川(港区港南)
3月 1日 産業振興センター(中野区中野)
3月11日 地域交流センター恵比寿(渋谷区恵比寿西)
3月15日 ココネリ(練馬区練馬)
3月24日 南長崎第四区民集会室(豊島区南長崎)
3月29日 志村坂上地域センター(板橋区小豆沢)
4月 1日 新宿駅西口広場(新宿区西新宿)
4月22日 キュポ・ラ本館棟(川口市川口)
4月25日 赤羽北区民センター(北区赤羽北)
5月10日 中央公民館1階ロビー(和光市中央)

 タグ