ANAは、マイレージプログラムを管理する、ANA X(エーエヌエー・エックス)を設立すると発表しました。


これに関しては、様々なことが書かれていますが、マイレージやポイントは今や現金同様でその規模は予想以上に拡大しています。

ANA X誕生で、ANAのマイルが激変の可能性!

楽天を例にすると、楽天を利用することでもらえた楽天ポイントは、規模が拡大され共通ポイントに進化しています。

TSUTAYAのTポイントは、本業のレンタルビデオの売る上げを超える勢いです。

それなので、ANAは、ANA X(エーエヌエー・エックス)を設立したのでしょうね。

単なる商品購入でもらえるポイントより、航空会社のマイルのほうが人気でスカラ。

このANA X(エーエヌエー・エックス)は、ANAマイレージクラブを中心とした顧客関連事業をANAから受託し、搭乗データなど顧客データの集積・分析を通じて、「One to Oneマーケティング」と事業開発に取り組むとのこと。

資本金は2500万円で、ANAホールディングスが85%、全日空商事が15%を出資、営業開始は12月1日が予定されています。

この新会社の誕生で、マイルの価値が上がってくれれば良いのですが。

ANAグループの顧客関連事業を担う新会社「ANA X株式会社」を設立

 カテゴリ
 タグ
ANA