これは、イタリアの首都ローマのフィウミチーノ空港で起きた事件です。


なんと「旅客機を人の手で押す」事態が起きたのです。

故障した車を、人が押すことも、今は見かけないですよね。

空港で飛行機を滑走路まで人が手で押す事件が!しかもこれは故障が理由ではないのです。

それが飛行機を人が押す事態なので驚きです。

事件を起こした飛行機は、イベリア航空の90座席の飛行機で、スペインのビートに向けて午後3時10分に出航予定でした。

ところがターミナルの牽引トラックにトラブルがあり、飛行機が滑走路へ移動できなくなったのです。



通常の旅客機なら、自力でゲートからバックすることが可能。

ですが、このイベリア航空は燃料の消費が大きいため、重量の問題から滑走路までは牽引トラックで押す必要があったのです。

牽引トラックのトラブルで、空港で立ち往生となり、約1時間後に空港の職員11名に押してもらう許可を管制塔から受け、従業員が協力して飛行機を押しての移動となりました。

乗客と貨物を最大36トンまで積載できる飛行機なので、職員11名でも大変な重労働です。

この事件で、「人が押さないと移動できない飛行機で飛ぶの」との不安のフライトだったそうです。