昨年末に、ホテルチェーン大手のマリオット・インターナショナルが、シェラトンやウェスティンなどのホテルを運営するスターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイドを買収すると発表し、話題になりました。

その時の買収額は122億米ドル(約1兆5000億円)です。

そして今回発表となったのは、サムソナイト・インターナショナルによるトゥミ・ホールディングスの買収です。

サムソナイトが、「TUMI」を買収

サムソナイト・インターナショナルは、「TUMI」ブランドのかばんを製造するトゥミ・ホールディングスを買収することで合意したと発表しました。

約18億ドル(約2050億円)で買収することで合意との発表です。

サムソナイトとトゥミ、どちらも同じようなイメージで競合しているのかと思っていましたが、サムソナイトの方が大きかったのですね

トゥミは、サムソナイトグループの一員として偉大なる歴史の新たなスタートをと書かれています。

サムソナイトは旅行用かばんからの脱却を進めていたようで、トゥミの買収で高級ビジネスバッグ分野への事業を拡大が可能となりました。

トゥミの設立は1975年で、75カ国約2,000ヶ所に販売拠点を持つものの、売上高のうち68%は北米市場での売上。

サムソナイトとの合併で、アジアやヨーロッパでの販売拡大を目指すとのこと。

「TUMI」の方が高級なイメージがあり、日本には浸透していると思いますが。

ビジネスマンで「TUMI」のバックを利用している人多いですよね。

サムソナイト、TUMI買収で合意 2050億円