エアアジア・ジャパンの井手隆司会長は、2020年度までの就航計画を発表しました。

今夏就航のエアアジア・ジャパンは、中部だけでなく、成田~ホノルル線も格安運航すると発表!

当初は2016年4月からの運航を計画していましたが、今夏にずれ込むようです。

中部空港(セントレア)を拠点として、エアバスA320型機(1クラス180席)でスタート。

2018年にはエアバスA330-300型機が導入されます。

初号機のA320は、すでに2015年10月16日に到着しており、実機による訓練飛行はいよいよ2月16日にスタート。

今夏、中部空港(セントレア)から札幌、仙台、台北路線に就航。

3月から4月に2号機がくるので、2機体制でのスタートです。

2017年は、6機体制としとなり、中国(天津/無錫)、マカオ、ソウル、グアムへ就航。

2018年は、A320が9機になりA330も導入され、シンガポールへ就航し、成田を第2拠点化。

成田から天津と無錫、台北、マカオへ就航。

そしていよいよ2019年にはいよいよホノルル就航です。

A330が4機で、中部と成田からホノルルへ就航なのです。

これが個人的にはビックニュース!

成田〜ホノルル線にLCCが就航!

格安でハワイに行ける時代がくるのです。

さらに、2020年には中部と成田から米国西海岸のシアトルへの就航も目指すとの発表。

エアアジアがホノルル線に就航すれば、バニラエアも当然就航するでしょうね。

現状バニラエアもA330を導入し、ホノルル線に就航する計画はあるのですから。

早く実現してほしいと思います。