ジェットスター・ジャパンは、千葉市動物公園で「ジェットスター マニラ線販売開始記念フィリピン産“バナナ”贈呈イベント」を開催しました。

このイベントは、ジェットスター・ジャパンが、日本国内就航のLCCとして、初めて成田・関西・中部~マニラ線の就航するのを記念て、フィリピンの産バナナ約500本が今年の干支である猿と、レッサーパンダの風太君に贈呈されました。

ジェットスターは、マニラ線販売開始記念で猿にバナナ進呈、国際線セールも開催!

贈呈されたバナナはチキータの協力により提供された、フィリピン産「プレシャス」バナナです。

ジェットスター・ジャパンではマニラ線が順次開設されます。

3月15日に成田~マニラ線、4月1日に中部~マニラ線、4月7日に関西~マニラ線。

運航本数は成田と中部線が週最大7便で、関西線が週最大4便で普通運賃は片道で成田と中部線が9,000円~、関西線が8,500円~。

これと同時に開催されたラッキー7 Day国際線セールでは、マニラ線が5,500。

ラッキー7 Day国際線セールは名古屋 (中部)~台北が1,990円で最安値。

ジェットスターは、マニラ線販売開始記念で猿にバナナ進呈、国際線セールも開催!2

東京 (成田)~ケアンズ線が16,000円。

マニラ線は、名古屋 (中部)~マニラが5,500円。

大阪 (関西)~マニラが6,500円。

東京 (成田)~マニラが7,500円。

マニラは、ジェットスター・ジャパンの国際線の就航先として香港、台北に続き3都市目で、成田・関西を発着する国際線では3路線目、中部を発着する国際線では2路線目です。

ジェットスター・ジャパンのマニラ線販売開始記念イベントが、なぜフィリピン産“バナナ”を千葉市動物公園の猿に贈呈なのか意味不明。

日本の干支からとは思いますが、もっと有効なイベントがあったのではと思います。

ラッキー7 Day国際線セールは2016年2月19日10:00まで。