これはまさに巨大なプラモデルですね。

基本は、マスキングをして、エアブラシでシューっと塗るだけなのですが、巨大なのです。

飛行機のペイントは、どうやって塗るのか?サウスウエスト航空がその様子を動画で公開、話題になっています。

当然ハシゴではなく、クレーン車を利用。

塗料も半端な量ではないので、メガネとマスクというわけには行かず、防護服を着ての作業です。

塗料の霧がものすごのです。



これは、事前に工程を念密に練り上げ、複数人のチームでの長時間作業。

この画像の作業時間は10日間との事。

以前、JALの方に聞いた時の話では塗料の価格だけでも1,000万円近いとか。

普通の家の塗り替えで200万円くらいですから、飛行機のペイントは、とんでもない価格になるのでしょうね。