韓国のLCCジンエアーは、半ドアで40分飛行する事件があり問題になっていますが、またもや機体から炎が上がる事件が起きました。

事件が発生したのは9日の朝。

ソウルから済州島へ向かうフライトです。

離陸後まもなく鳥をエンジンに吸い込んでしまい、エンジンから炎が!

韓国のLCCジンエアー、「半ドア」飛行の次は「鳥」でエンジンから炎が!

これはTBSニュースの画像ですが、火が出た様子がわかりますね。

この影響でジン・エアー機はソウルに引き返しました。

この事件の記事を見ると、ジンエアー職員のコメントが意味不明。

「10時に100人は搭乗できます。ここにいる方だけご案内します」(ジンエアー職員)
「どうするんだ!賠償は?」(乗客)

格安LCCなのでコストのことも考えているのでしょうか?

乗客にけがなどはありませんでしたが、この日は、トラブルの影響で、ソウルと済州島を結ぶ8便が欠航。

半ドア飛行と鳥でのエンジン炎上、いずれも対応が?

日本の航空会社なら文句も言えるのですが、海外の航空会社だと言葉の問題があるので、問題が起きた時は怖いですね。

こちらに動画のニュースがあります。
韓国LCC 飛行中に火災、「半ドア」の次は「鳥」