エアバスが2013年に提出していた特許が、先日承認されたとのニュースです。

このエアバスの新しい特許は、飛行機を乗客と荷物が乗る部分と、メインである飛行する部分に分離する特許。

エアバスの旅客機分離の特許が承認に!これが実現すれば凄いことになります。

トラックや貨物列車が、車部分とコンテナ部分に分離するのと同じ考え。

これが実現すれば、飛行機の折り返し時間を大幅に短縮できます。

飛行機の折り返しで、時間がかかるのは乗客と荷物の積み降ろし。

この方法なら、乗客と荷物を載せる部分を入れ替えれるだけ。

また、旅客機と貨物機も、飛行する部分は共有できるので、効率がいいのです。

座席数の多いエコノミー使用や、全てがビジネスクラス以上の豪華使用も作れますね。

ただし、この技術を導入するとなると、空港の設備を再設計する必要があります。

また、航空会社も新しい飛行機に買い換える必要が!

そう考えると、すばらくは実現難しそうですね。

Airbus Patents Detachable Cabins to Cut Plane Boarding Times