事件が起きたのは、2015年10月17日の18時50分。

松山発伊丹行きボーイング737型機が伊丹空港から南東約4キロメートル地点の上空約300メートル付近で着陸体勢に入ったとき、緑色の光線がコックピットの窓にあたったのです。

レーザー光が照射の事件は、2013年ワールドカップの最終予選が有名ですね。

レーザー光が照射の事件は、2013年ワールドカップの最終予選が有名ですね。

11月15日の夕方にも、伊丹空港に着陸しようとしたJALの旅客機の操縦席付近にもレーザー光が照射されていたことも判明。

これが、どのように照射されたのかは特定できていません。

ですが、レーザー光は特殊な器械ではなくポインターではとの予想。

問題になっているのは、このレーザー光が照射が、ANA機が地上から300メートル付近に差しかかったときに狙われたことなのです。

レーザー照射は、目に当たると一時的に視覚が奪われる恐れがある、非常に危険な行為です。

これが操縦していた機長らに当たったら、大惨事につながった可能性があるのです。

市販のものが、300メートル先からの照射で、飛行中の旅客機を当社するのは不可能なのです。

ですが、過去にも事件起きています。

2013年ワールドカップの最終予選で、ゴールキーパーの川島永嗣選手などに観客席からレーザー光とみられる緑色の光線が照射されました。

また競馬でも、走馬の順位を操作しようと競走馬を狙ってレーザーポインターを使用した事件が起きています。

現在は、高出力のレーザーポインターの製造・販売は違法です。

ですが、違法なだけで物は作れるのです。

今回の事件も、違法レーザーポインターの可能性が大きいとのことです。

サッカーや競馬もやってはいけないことですが、旅客機の場合は多くの人の命にかかわることなので、絶対にやめて欲しいですね。