これはオーストラリアで起きた事件で、現在裁判の審議中、その判定に注目が集まっています。

隣の席が肥満で怪我?

訴えているのは、2011年にエティハド航空のドバイ発シドニー行きの便に搭乗し乗客です。

その方の隣の座席に座ったのが肥満の客。

咳もひどく唾も飛んでいたのとの事です。

その隣の肥満客を避けるために、体をねじ曲げて着席していたと証言しています。

エコノミー症候群という病気があるくらいですから、さらにシートで不自然な体勢を長時間強いられていたのでは問題ありますよね。

この乗客は、これが原因で持病の背中痛が悪化。

エティハド航空に対して損害賠償を求める裁判を起こしたのです。

これに対し、エティハド航空は肥満の客や席がひどい客が隣に来ることやは稀なことではないとして反論しています。

また、原告の請求を棄却するよう裁判所に求めましたが、裁判所は請求の棄却はせず、背中痛の悪化と当該フライトとの直接の因果関係を探る方向で審理を進めるています。

起訴した男性の背中の検査は今年12月に実施される予定。

裁判に注目が集まっています。

日本では、力士やプロレスラーのなど並外れて大柄な人が旅客機に乗るときは、座席を2席使うとの事で、追加の座席は半額です。

今回は、そこまでは大きくなかったのでしょうが、当然ながら隣の座席にはみ出していたのでしょうね。

Man sues Etihad over 'injuries' from sitting next to obese passenger