成田国際空港は、メガホンを通して日本語で話すだけで、3言語へ翻訳してくれるメガホン型翻訳機「メガホンヤク」を導入すると発表しました。

遂に夢が実現!成田空港は世界初の新兵機、メガホンヤクを導入!

日本語を話すだけで、メガホンを通すと自動的に英語、中国語、韓国語になるのですから、これは夢の商品ですよね。

空港における緊急時の案内に備え、パナソニックが研究開発を進めていたのです。

今回のメガホン型翻訳機「メガホンヤク」導入は世界初の事で、現状はまだ試験的な配備との事です。

これがあれば、災害時や天候不良時にターミナル内に滞在している利用者に対して英語、中国語、韓国語がななせなくても案内出来るのです。

成田国際空港は開発にあたり実用性を高めるための開発支援をおこなっており、実用性が検証された後に本格的に導入を行うそうです。

できればこの技術をスマホで実現して欲しいですよね。

ヘッドフォンで聞けば、外国語が日本語に。

日本語で話しても外国語に。

これが実現すれば、言葉の壁がなくなるので、海外旅行に行く時などすごく便利なのですが。

ここまで来ているのなら、東京オリンピックが開催される頃には、スマホに搭載も夢ではないかもしれませんね。

世界初!メガホン型翻訳機「メガホンヤク®」を成田空港において試験的に配備します!