これは、ブリティッシュ・エアウェイズのポートエリザベス発ヨハネスブルグ行き6234便に起きた事故です。

ブリティッシュ・エアウェイズのボーイング737型機が、滑走路に接触する事故が!

ブリティッシュ・エアウェイズのボーイング737型機がO・R・タンボ国際空港に着陸直後、左翼下の着陸装置が故障し、翼が滑走路に接触するトラブルが起きました。

乗員6名と乗客94名の計100名が搭乗していたのですが、幸いけが人はいませんでした。

機体は左翼とエンジン部分が滑走路に接触したまま大きく左に傾き、前輪部分が上に持ち上がり尻もちをついた状態となりました。

この衝撃で、機内の一部では酸素マスクが落下、火花は出のですが大きな事故にはなりませんでした。

最近このような事故が多いですね。

整備不良ではないのでしょうが、些細な事が大事故につながるので注意してほしいですね。

詳しくは、CNNで。
British Airways Comair flight skids on runway as landing gear collapses