飛行機のエンジン部分のカバーが外れるという事はあってはならない事。

それに気が付かづ離陸してしまったパイロットも問題ですね。

離陸中に飛行機のエンジン部分のカバーが外れ、そのまま飛行を続けたエアバスA330が話題に!

事故があったのはエアバスA330で、ケルンからパルマまでのフライト。

169人の乗客と13人の乗組員を乗せたいました。

パイロットが飛行機のエンジン部分のカバーが外れている事に気がついたのは、フランス上空。

ですが、安全に飛行を続けられると判断し、パルマまで予定通りに運行を続け、無事到着。

事故は離陸中に起きたので、カバーは滑走路横と、周辺住民への被害もありませんでした。

上空でこの様は事故を起こしたら、その部品が落ちてくるのですから被害が拡大しますから。

エアバスA330とは別の飛行機でも、同様な事故が起きていました。

この映像は、スカイ航空の飛行機で、撮影したのは乗客です。



このまま飛んでしまったので、乗客は恐怖。

この様は事故が行きないために、しっかり整備して欲しいです。

Germanwings Airbus A330's engine after cladding SNAPPED OFF during take-off | Daily Mail Online

 タグ