東京ディズニーリゾートは、「日付指定券限定入園日」の導入を発表しました。

日付指定券限定入園日は、2016年10月がら導入されます。

東京ディズニーリゾートは、「日付指定券限定入園日」の導入を発表しました。

この限定入園日は、日付指定のないパークチケットでは入園できなくなります。

現在発表されていのは2016年10月~12月までで、土曜日・日曜日・祝日が限定入園日となっています。

ゴールデンウィークや夏休みも限定入園日になりそうですね。

この限定入園日に入園できるのは、日付指定券と年間パスポート、該当日に入園保証のあるパークチケットです。

オープン券などの日付指定のないパークチケットは入園できないのです。

日付指定のないパークチケットをお持ちの場合は、事前に日付指定券に変更する事が必要で、券種変更には、差額の精算と変更手数料がかかります。

日付指定券限定入園日当日に、当日券を購入する事も可能です。

また、当日でも券種変更の受付が予定されています。

ですが、パークの混雑状況によっては入園制限を行い、当日券の販売、券種変更を中止する場合があるとの事です。

今でも、当日混んでいたら当日券の販売を中止する場合があるとなっていますから、少し面倒になっただけですね。

「日付指定のないパークチケット(オープン券)をお買い求めいただく方へのお知らせ」