これは、CNNが伝えたニュースです。

エア・カナダ機、犬を救うため緊急着陸 貨物室に不具合

テル・アビブ(イスラエル)からトロント(カナダ)へ向かって飛んでいたエア・カナダ AC85便が、ドイツに緊急着陸する事件がありました。

エア・カナダ機は、犬を救うために緊急着陸!

エア・カナダ AC85便が、ドイツに緊急着陸する原因となったのは、貨物室の暖房装置に問題が発生したためで、貨物室には7歳のオスのフレンチブルドッグ犬「シンバ」が預けあっれていたからです。



日本でも数年前にANAの国内線で、貨物室に預けられていたチワワが死亡し、大問題になった事がありました。

このエア・カナダの旅客機は、貨物室に預けられていた犬を救うために行き先を変更し、ドイツに緊急着陸したのです。

暖房装置の問題を知った機長は犬の安全を気遣い、「この高度では極めて不快度が高く、そのまま飛行を続ければ生命が脅かされる恐れもある」と判断したのです。

機長の判断で同機は行き先を変更してドイツ・フランクフルトの空港に着陸し、シンバは別の便に乗り換えました。

この緊急着陸により、エア・カナダ AC85便は約75分の遅れ。

たかがワンコですが、ワンコも大切な家族。

機長の判断はすばらしいですね。

約75分の遅れがでましたが、他の乗客も「間違いなく正しい判断だった」とコメントしています。

私もトイプードルを飼っているので、ワンコに問題なく嬉しいですね。

ちなみに、エア・カナダ AC85便の機材を調べてみたら、Boeing 787-8 (788)となっていました。

飛行機の場合は、最新鋭機の方が故障が多い様に感じます。