SBIカード、MasterCard、コリンソン・グループは、10月1日より日本で初めて、プライオリティ・パスに代わる「LoungeKey」を導入すると発表。

これは、全世界約100カ国・地域にある500ヶ所以上の空港のラウンジをいつでも利用できるプログラムです。

SBIプラチナカードは、プライオリティ・パスに代わる「LoungeKey」を導入!全世界100カ国の空港ラウンジが利用できのです。

この空港ラウンジサービス「LoungeKey」は、SBIプラチナカードとSBIワールドカードに導入されます。

日本国内では成田空港と中部国際空港が対象、順次拡大予定です。

SBIワールドカード会員と家族、同伴者は無料。

SBIプラチナ会員は年6回までの利用は無料で、家族会員や同伴者、7回目以降の利用は1回2,000円(税抜)の使用料がかかります。

利用回数のカウントは10月から翌年9月まで。

対象ラウンジは、LoungeKeyアプリかウェブサイトにアクセスすることで確認できます。

利用の際にはSBIプラチナカードかSBIワールドカードを提示し、LoungeKeyのラウンジ利用であることをラウンジ受付に告げると、カードがリーダーで読み取られ、認証後にラウンジの利用が可能になります。

現在発行している「プライオリティ・パス」は、9月末で利用停止。

LoungeKeyをネットで調べたら、日本語ではSBIカードのこのニュースしか出ていませんでした。

SBIプラチナカードで「プライオリティ・パス」を利用停止にして、新たに始めるサービスなのですから気になるのですが日本語の情報はありませんでした。

プライオリティ・パスは、航空会社のビジネスクラスラウンジが利用できます。

これをやめて始めるのですから気になるのですが。

SBIカード、MasterCard、コリンソン・グループが提携
「ラウンジ・キー(LoungeKey)空港ラウンジプログラム」をSBIプラチナカードとSBIワールドカードに導入
~全世界500ヶ国以上の空港のラウンジをクレジットカードで利用可能に~