ディズニーホテルを運営するオリエンタルグループのミリアルリゾートホテルズは、日本で4番目となる新たなディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を、東京ディズニーリゾート近くの新浦安エリアに開発すると発表しました。

ミリアルリゾートホテルズが100%出資する子会社、ブライトンコーポレーションが新浦安エリアで展開する「パーム&ファウンテンテラスホテル」を活用し、2016年6月(予定)に宿泊特化型のディズニーホテルとしてオープンする計画です。

東京ディズニーリゾートに日本で4軒目のディズニーホテルが!でもなんか変なのです?

これはパーム&ファウンテンテラスホテルを活用と書いてあるので、調べてみると複雑です。

パーム&ファウンテンテラスホテルは、は舞浜リゾートライン所有で、経営・運営はブライトンコーポレーション。

舞浜リゾートラインの親会社はオリエンタルランド。

ブライトンコーポレーションはミリアルリゾートホテルズが100%出資する子会社。

パーム&ファウンテンテラスホテルの他サイトの説明を見ると、東京ディズニーリゾートの施設を彷彿とさせるような建物デザインのため、「ディズニーホテル」と誤解されることがあるが、東京ディズニーリゾートの構成施設ではないと書かれていました。

たどって行くと、親会社が一緒なので、系列ホテルを売り上げが上がるように再構築するだけですね。

現在ある、「ディズニーアンバサダーホテル」「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」「東京ディズニーランドホテル」のディズニーホテル3軒は、年間90%を超える高稼働率なので、東京ディズニーセレブレーションホテルとして運営するのですね。

ただし、東京ディズニーリゾートや新浦安駅から離れた新町地域にあるので東京ディズニーリゾートへのアクセスはやや不便です。

価格設定は安めになっているので、少し不便でもディズニーホテルとなれば人気ホテルになるでしょうね。

東京ディズニーセレブレーションホテルの開発について