日本トイレ大賞は、内閣官房が主催し、今年から始まったイベントです。

女性活躍担当大臣の下で開催された政府の「暮らしの質」向上検討会の提言にて、暮らしやすい空間へと転換する象徴としてトイレが取り上げられました。

説明を見ると、「5年後の2020年には、東京オリンピック・パラリンピック。
訪日外国人の増加に向けて、みんなにとって使いやすいトイレを前に進めていきたいと思います。」
と書かれています。

やはり、オリンピックに向けた企画ですね。

日本トイレ大賞は、トイレの行列解消や、授乳の環境整備などを通じて女性の暮らしの質を高めたとして、「渋谷ヒカリエ」を運営する東急百貨店など28件が「日本トイレ大賞」に選ばれています。

内閣官房のページを見ると、日本トイレ大賞の結果は出ていなく、東急百貨店など28件の記事は SankeiBiz(サンケイビズ)に出ていた物です。

成田空港のギャラリー型トイレが国土交通大臣賞に!

成田空港のギャラリー型トイレが国土交通大臣賞に選ばれた事は、TOTOが発表。

成田国際空港会社の空港内に設置されているギャラリー型トイレ「GALLERY TOTO」は、TOTOと成田空港のコラボレーションで、日本のトイレ文化や技術力を世界に発信してます。

第2旅客ターミナルとサテライトを結ぶ連絡通路内のくつろぎスペース「NARITA SKY LOUNGE 和(わ)」に設置されています。

トイレがきれいだと、それだけでその施設全体がきれいに感じてしまいます。

逆に、お洒落なレストランでも、トイレが汚いとがっかりしますよね。

今回国土交通大臣賞に選ばれたギャラリー型トイレ、成田空港だけでなく、もっと増やしてほしいですね。

TOTOの体感型トイレ GALLERY TOTO