JALは8月21日は、国際線プレミアムエコノミーとエコノミークラスで提供する機内食の秋メニューを発表。

利用客から好評だった「エア吉野家」が復活しました。

このエア吉野家は、モスバーガーやケンタッキーフライドチキンなど、地上でなじみのあるメニューを機内用にアレンジした「エアシリーズ」で、「エア吉野家」は第14弾。

吉野家とのコラボレーションです。

JALのエア吉野家が、女性に大人気なのです 

今回で4回目なのですが、女性から好評なのです。

普段は店舗に行くことがなかなか難しい女性から、そのメニューを食べられて嬉しいと好評とのことでした。

???

うちのママさんは、当然女性ですが吉野家なら女性1人でも入りやすいと聞いていましたが。

これは、容姿を気にする若い女性の意見なのでしょうね。

「牛すき鍋膳」の機内食化は今回が初。

店舗での味付けはそのままに、機内食仕様になっていますが店舗と異なる点も。

機内食では生たまごはNGなので、小袋入りの「だし醤油入りたまご」になっています。

これを見ると、生たまごよりだし醤油入りたまごの方が美味しそう。

ひと目が気になり牛丼を食べれない女性に人気なのでしょうね。

フードスタイリスト飯島 奈美さんプロデュースの機内食、AIR吉野家「牛すき」が初登場




 カテゴリ
 タグ