またもや飛行機が鰾に遭遇し、緊急着陸する事件が起きました。

今回もデルタ航空機です。

アメリカの国内線で、ボストン発ソルトレーク・シティ着のデルタ航空DL1889便、機材はA320です。

デルタ航空のA320を襲った鰾

事故が起きたのは、2015年8月9日で、飛行途中に激しい雷雨に遭遇し、鰾の被害に遭ったのです。

機体に損傷が見られ、コロラド州デンバー国際空港に緊急着陸。
この事故は、CNNがニュースで報道しました。



コロラド州東部では、野球ボール大の鰾が降ったので、このデルタ航空DL1889便も、おそらく野球ボール大の鰾に遭遇したと見られています。

緊急着陸したデルタ航空DL1889便は、ノーズコーンやコクピット・ウインドウ、GPS航法装置などが損傷していました。

今回も乗客は「人生で最も恐ろしい10分間だった」と話していますが、機体がこれだけの損傷がしているですから、この飛行機に乗られていた方は、本当に怖い体験をしたのでしょうね。

緊急着陸後、もう怖いから飛行機には乗りたくないと、他の交通手段で移動された方もいたそうです。

飛行中の米旅客機がひょう被害、機首損傷などで緊急着陸