イギリスやアイルランドでは、渋滞時に公共の乗り物のみが通れる専用道路があります。

道路も色分けされており、バスレーンと書かれていてバスやタクシーなどの公共の乗り物意外の通行は禁止。

大富豪CEOは、私用で専用道路を走るために会社ごと買収

一般車両は、特別な理由がない限り、この専用道路を通行すると罰金の対象となってしまいます。

この空いてい車線、ライアン・エアーのCEOは、なんとか合法的に走れないかと考えたのでしょうね。

ライアン・エアーは、ヨーロッパ最大の格安航空会社で、そのCEOなのですからお金持ちと言うか大富豪。

タクシーを使うのが便利だと考え、タクシー会社と個人契約する方法もあるとは思うのですが、タクシー会社そのものを購入てしまったのです。

ライアン・エアーのCEOのマイケル・オーリアリー氏は、大富豪として有名だったのですね。

タクシー会社を丸ごと買収すれば、合法的にバスレーンを走って交通渋滞を避けられると考えたのですね。

お金を出して、時間や利便性を買っのです。

大富豪だと、金の使い方のスケールが違いますね。

この出来事は、ネットで話題なっています。

TIL millionaire Michael O'Leary, CEO of airline Ryanair, has his own taxicab company with just one cab so he can legally use the bus lanes and avoid traffic jams