北京上空で、アリカン航空機がに遭遇し、機首部分が陥没する事件がありました。

今年の6月にも、デルタ航空機に遭遇し、機首部分が陥没しています。

北京上空でアリカン航空機が雹に遭遇、機首部分が陥没!デルタ航空機につづき今年2回目!

今回のアリカン航空機は、北京発のダラス行便で、7月27日午後4時半過ぎ、北京市上空でに打たれ、機首部分が陥没してしまったのです。

離陸から1時間後で、北京首都国際空港に引き返しました。

機材はボーイング787−8型機です。

当初は、バード・ストライクと報じられたのですが、鳥ならこのように機首部分が陥没する事は無いですよね。

デルタ航空機に打たれてときは、その様子を乗客が語っており、恐怖の1時間とか書かれていましたが、機首部分が陥没するくらいなのですから、今回もこの便の乗客は、恐怖の時間だったでしょうね。

飛んでる飛行機ですからその衝撃と、落ちるのではと言う怖さ。

フライト中は、には遭遇したくないですね。

美航787客机在京起飞遭冰雹机头受损返航(图)